研究活動

保健体育科の研究活動及び研究発表のお知らせを更新していきます。

今年度の主な研究

公開研究大会

公開授業

主 題:女子フットサル(仮)

期 日:2017年6月24日(土)

会 場:東京学芸大学附属高等学校

授業者:栗原 鏡成

研究協議会

テーマ:検討中

提案者:栗原 鏡成

助言者:調整中

附属研究会

研究テーマ『小中高連携カリキュラムの作成』

2014年度からの継続研究(4年目)です。

これまでの研究の取り組み

研究紀要(近年執筆分)

28年度 「高等学校保健体育科におけるハンドボール型ゲームに関する一考察 ―ゲーム様相とパフォーマンスの変容に着目して―」 菊地 孝太郎
27年度 「高等学校ダンス授業におけるC.I.導入の試み」 丸山 実花
「高等学校におけるコンピテンシーの育成に焦点を当てた授業の開発 ―ルーブリックを用いた評価の実践の事例研究―」
(SULE委員会:共同執筆)
齋藤 祐一
26年度 「所作礼法を重視した柔道授業の展開」 瀧澤 政彦
25年度 「高等学校保健体育科における持久走授業の実践
 ―主観的尺度と客観的尺度の両面からのアプローチ―」
齋藤 祐一
24年度 「高等学校における精神保健活動の取り組み
 ―養護教諭の立場から見た現状と課題―」
籠谷 恵
23年度 「3年体育実技に関する一考察
 〜陸上選択グループの活動について〜」
福元 康貴
「新学習指導要領の理念に即したICT活用の可能性」
(教育工学委員会:共同執筆)
佐藤 健太
22年度 「本校における新体力テストの分析について」 栗原 鏡成
21年度 「コンディショニングノートを通してみた学習効果」 上原 信子
20年度 「戦術学習に着目したバレーボール授業」 佐藤 健太
19年度 「映像資料を活用したダンスの授業」 前田 曜子
16年度 「柔道(投げ技)の習得に関する一考察
 〜映像遅延表示装置を用いて〜」
瀧澤 政彦

 

その他

本校HPの研究活動一覧よりご覧ください。