事務室から

各種証明書発行申請手続きについて

発行書類について(卒業生の方向け)

種類 申請様式 申請方法 交付方法
卒業証明書 卒業証明書申請書 窓口又は郵送 窓口又は郵送
成績証明書(55期以降) 成績証明書申請書 窓口又は郵送 窓口又は郵送
成績証明書(54期以前) なし 卒業時の担任に連絡 卒業時の担任から受取
単位取得証明書 なし 卒業時の担任に連絡 卒業時の担任から受取
調査書

調査書交付願
  (卒業生用)

卒業時の担任に連絡
※必ず大学コードを記して下さい。
大学コード表はこちら
卒業時の担任から受取
調査書が発行出来ない証明書 調査書が発行出来ない証明書申請書 窓口又は郵送 窓口又は郵送

申請方法

(1)窓口で申請する方法
 ①受付時間:平日9:00~16:30
 ②持参する物:必要事項を記入した申請書、本人確認書類(学生証、運転免許証、保険証等)・返信用封筒(92円切手添付)
  ※代理の方が来られる際は、代理の方の本人確認書類もご持参ください。
 ③発行までの日数
  事務室で受け取り後、土日を除く3日から5日程度

(2)郵便で申請する方法
 ①郵送する物:必要事項を記入した申請書、返信用封筒
   (長3サイズの封筒に受取人住所氏名を明記し、切手を貼付すること)
 ②郵送料金:卒業証明書5通までなら82円(それ以上の場合はお問い合わせください)
 ③発行までの日数:往復の郵送に要する日数(お急ぎの場合は速達をご利用ください)
 ④宛先及びお問い合わせ:
      〒154-0002 東京都世田谷区下馬4-1-5               
             
 東京学芸大学附属高等学校事務室 
                   ℡03-3421-5151(代)
                   電話受付時間:平日9:00~16:30

(3)卒業時の担任に連絡する方法 ・東京学芸大学附属高等学校事務室 ℡03-3421-5151(代)にお電話をいただき、事務室を通して連絡を取ってください。(電話受付時間:平日9:00~16:30)

報告書類について(卒業生の方向け)

種類 報告様式 報告方法
センター試験結果報告 平成29年度大学入試センター試験 自己採点報告フォーム フォームより送信
受験結果報告 受験結果報告書 電子メール

 

発行書類について(在校生の方向け)

種類 申請様式 申請方法 交付方法
在学証明書 在学証明書申請書 窓口 窓口
成績証明書 なし 現在の担任に連絡 現在の担任から受取
単位取得証明書 なし 現在の担任に連絡 現在の担任から受取
学割証 学割申請書 窓口 窓口

申請方法

 窓口で申請する方法
 ①受付時間:平日9:00~16:30
 ②持参する物:必要事項を記入した申請書、身分証明書

各種届出について(在校生の方向け)

種類 様式 申請方法 別途必要となるもの
欠席届 欠席届 担任 担当教員全員のサイン
住所変更届 住所変更届 窓口 身分証明書を添えて事務室に提出
身分証明書再交付 身分証明書再交付願 窓口 写真(縦4cm×横3cm)を別途担任に提出
施設使用許可願 施設使用許可願
(事務室にて配布)
窓口 顧問印および体育教員印
特別活動許可願 特別活動許可願
(事務室にて配布)
生徒指導部  
入部届 入部届
(生徒指導室にて配布)

入部する部活動の顧問に提出

 
見学届 見学届
(生徒手帳内に届けあり)
保健体育科研究室  

申請方法

○欠席届の申請
 ・まず、必要事項を記入する。
 ・欠席した(または欠席する)授業の担当教員全員のサインを貰う。
 ・担当教員全員のサインが揃ったら、担任に提出する。
   ※欠席届を事務室に提出する必要はありません。ご注意ください。

○窓口での申請
 ①受付時間:平日9:00~16:30
 ②身分証明書再交付の所要日数:1週間程度
   ※再交付された身分証明書は担任の先生からのお渡しとなります。
 ③お問い合わせ:
      〒154-0002 東京都世田谷区下馬4-1-5
               東京学芸大学附属高等学校事務室
                 
 ℡03-3421-5151(代)



保健室から

学校感染症による出席停止について

 下記の学校感染症は,学校において予防すべき感染症として,学校保健安全法施行規則第18条に定められています。本校では,これらの感染症に罹患している,またはその疑いのある場合は,学校保健安全法第19条により出席停止とします。医師が感染のおそれがないと認めるまでは登校できませんので,罹患している,または罹患の疑いがあると医師に言われた場合はすみやかに事務室に電話連絡してください。自己判断で登校しないようお願いいたします。なお出席停止の期間は欠席となりません。

出席停止を要する感染症


第1種 エボラ出血熱,クリミア・コンゴ出血熱,痘そう,南米出血熱,ペスト,マールブルグ病,ラッサ熱,急性灰白髄炎,ジフテリア,重症急性呼吸器症候群(病原体がコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る。)及び鳥インフルエンザ(H5N1) その他,「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」第六条第七項 から第九項 までに規定する新型インフルエンザ等感染症,指定感染症及び新感染症も含む。

第2種 インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く。),百日咳,麻しん,流行性耳下腺炎,風しん,水痘,咽頭結膜熱、結核及び髄膜炎菌性髄膜炎

第3種 コレラ,細菌性赤痢,腸管出血性大腸菌感染症,腸チフス,パラチフス,流行性角結膜炎,急性出血性結膜炎その他の感染症

<出席停止の手続き方法>
①医師により,学校感染症に罹患あるいはその疑いがあると診断されましたら,至急,学校事  務室に電話連絡してください。
②学校から出席停止の指示と手続きに関するご連絡をいたします。
③登校初日,担任(不在時は保健室)に「学校感染症治癒証明書」を提出して下さい。  
※出席停止の手続きには,学校感染症で欠席後の登校初日に「学校感染症治癒証明書」を提出する必要があります。受診の際に,「学校感染症治癒証明書」をプリントアウトして医療機関にお持ちいただき,必要事項を記入してもらってください。また,この用紙はFaxや郵送でもお送りできますので,その際はお伝えください。

ダウンロード 学校感染症治癒証明書