沿革

昭和29年4月
設置(5月29日 開校式挙式)
<本部>世田谷区下馬町3の35
<竹早校舎>文京区竹早町8
<世田谷校舎>世田谷区深沢町2の41
大塚三七雄校長、東一夫副校長、専任教官8名
生徒数208{男女ほぼ同数;各校舎2学級)
昭和33年
校旗・校歌制定
昭和35年
下馬校舎設置(1学年4学級)
昭和36年
竹早、世田谷校舎を廃止し、下馬校舎に統合
(大学の小金井移転にともない)
昭和39年
創立10周年記念式を挙行
大学移転完了(各学年6学級、 900名、専任教官32名)
昭和42年
プール完成、(各学年8学級、1200名、専任教官51名)
昭和49年
創立20周年記念式を挙行
昭和50年
タイ国留学生受け入れ開始(以降、毎年、数人が共に日本語で学習)
昭和51年
海外在学経験者(定員15名)を特別枠で受け入れ開始
昭和53年
大体育館竣工
昭和54年
図書館開館
昭和56年
別館竣工
昭和59年
創立30周年記念式を挙行
昭和60年
西館竣工
平成6年
創立40周年記念式を挙行
平成7年
マルチメディア学校教育利用実験開始
平成16年
創立50周年記念式を挙行
平成26年
創立60周年記念式を挙行